東進新年度入学受付が始まってます!

「いつやるか、今でしょ!」
というセリフで有名な林修先生をはじめ、英語の安河内哲也先生など、全国の予備校で大活躍している最強講師陣の授業を受けることができる東進衛星予備校の新年度入学受付が始まっています。

高校生活ももう半分が終わってしまった高校2年生の皆さん!
「受験勉強は3年生になってからでいいやー…」なんて思っていないですよね!?
全国のライバルと戦って、志望大学合格を勝ち取るためにはそれなりの覚悟と努力が必要です。

「でもまだ部活も忙しいし…」
なんていう人は、ぜひ東進を検討してください!
東進では、最強講師陣の授業を映像で見ることができ、自分の好きな時間に好きな教科を好きなだけ勉強できる環境が整っています。

「部活も頑張りたい!でも第一志望合格も勝ち取りたい!」
そんな人こそ、自分の予定に合わせて効率的に勉強できる東進で、部活と勉強の両立を目指してほしいと思っています。
実際にこれまでの多くの先輩達が、東進を有効活用して部活や委員会活動と勉強の両立をしてきました。
部活生にとって「限られた時間の中でどのように学力を伸ばすか?」という悩みをどう解決するのか?がとても大切です。

部活を最後まで頑張ったという自信が、苦しい受験勉強を後押ししてくれるはずです。
東進には、部活も勉強も全力で頑張れる環境があります

東進についてもっと知りたい人は、東進衛星予備校ホームページをご覧ください。
また、冬期特別招待講習の受付も承っておりますので、東進衛星予備校各校舎へお問い合わせください。

東進衛星予備校ホームページはこちら!
冬期特別招待講習についてはこちら!

今年の夏はどんな夏にする?

暑い日が続いていますね。
熱中症などにならないように注意してくださいね。

いよいよ夏休みがやってきますが、高校生の皆さんは夏休みは楽しみですか?
部活動を一生懸命頑張る夏、旅や海外へ行ってみる夏、夏休み課題に追われる夏…
折角の夏休みを大いに活用して、普段できないことにチャレンジできる夏にしたいものです。
お休みの日だとついだらだら過ごしてしまいがちになるので、夏休みが始まる前に「今年の夏はどんな夏にする?」をぜひ考えてみてください!

学校からもたくさん課題が出ていると思います。
ぜひとも甲斐ゼミの自習室を活用して、夏休みの課題にも計画的に取り組んでくださいね!
普段通っている教室、家の近くの教室、部活の試合会場の近くの教室など、甲斐ゼミ生であればどの教室の自習室でも利用することができます。
下記リンク先の「甲斐ゼミ教室情報」をチェックして、お近くの教室の自習室の解放時間をご覧の上お越しください。
http://www.kai-semi.com/blog_kai/classinfo/

甲斐ゼミ 夏の講習会!

高校生のみなさんこんにちは!

6月は学園祭が行われる学校も多かったと思います。
自分の高校時代を振り返ると、学園祭当日もですが準備期間の思い出もたくさんあります。
「全然合唱練習をちゃんとやってくれない」って怒られたり、「全然クラス企画の手伝いをしてくれない」って怒られたり… (全然手伝わなくてすいませんでした。汗)
学園祭に取り組む中で、お互いに衝突することもありましたが、それを通してクラスの仲が良くなっていったのを今でも覚えています。
みなさんの学園祭はいかがでしたか?また教室でお話聞かせてくださいね。

さて、そんな6月を超えるといよいよ夏休みが目前に迫ってきます。
授業がストップする夏休み。部活動に一生懸命取り組むのも勿論ですが、1学期の勉強をしっかり振り返ることも大切です!

There is no royal road to learning. 「学問に王道なし」

高3・卒生向けの夏期講習の案内の表紙に載せていることわざです。
「勉強できるようになりたい!」「テストの点数を上げたい!」
少しでもそう思っている人は、この夏休みをフル活用しましょう。

甲斐ゼミでは、高校生のみなさんの夏休みの学習をサポートします!
各高校別クラス・ハイレベル・東大医歯薬系など、様々なレベル別の講座を用意しています。
各講座の詳細は下記リンク先をご覧いただければと思います。
お申し込みはリンク先のお電話番号、もしくは甲斐ゼミナール各教室へご連絡ください。

▶高校1年生向け
http://www.kai-semi.com/events/2017_summer/seminar/yamanashi_k1.htm

▶高校2年生向け
http://www.kai-semi.com/events/2017_summer/seminar/yamanashi_k2.htm

▶高校3年生・卒業生向け
http://www.kai-semi.com/events/2017_summer/seminar/yamanashi_k3.htm

6.11 大学進学セミナーを開催しました

高校生のみなさん、こんにちは!

昨日アイメッセ山梨にて、「大学進学セミナー」を開催させていただきました。
課題や部活、学園祭の準備などに忙しい日曜日に、会場までお越しくださった皆様どうもありがとうございました。
知ったことや学んだことを、ぜひ日頃の生活に活かしてくださいね。

★大学入試講座の様子

\高校1年生対象/
●大学入試基礎講座
一般入試・推薦入試・AO入試など、複雑化していく大学入試の仕組みと、1年生のうちからできることを皆様にお伝えさせていただきました。

●文理選択と教科選択の秘訣
3年後に受ける大学だけではなく、将来の仕事の選択にも関わる「文理選択」について、どのようなことを考えて選択するべきなのかについて、お話しさせていただきました。

\高校2・3年生対象/
●失敗しない志望校選択と効果的な夏の学習法
受験生にとって非常に大切な「夏の過ごし方」について、どのようなことをやらなければならないのか?志望校を決めるにあたって、何を考えなければならないのか?などについて、お話しさせていただきました。

●中島義晶の最強英語学習法
英語が苦手な人ほど、報われない努力をしてしまっている。「覚えなさい!」で終わらせない英語の学習法について、実際に入試問題を解きながらお伝えさせていただきました。

★個別相談コーナーの様子

90校以上の大学の方々による相談ブースや、甲斐大学予備校講師・先輩大学生による進路相談コーナーにも、多くの方々にお越しいただきました。

==========================
「中島義晶の最強英語学習法」で割愛した問題の模範解答例

時間の関係で割愛させていただいた【PART 1 語彙 入試問題を体感② (3)】の解答解説と、【PART 2 読解】の全訳を載せておきます。
▶印刷したい方はこちらのPDFファイルをお使いください。
「最強英語学習法」 解答

 

【PART 1 語彙 入試問題を体感② (3)】
(3) The kind of suffering the patients accustomed to drugs experience when deprived of them is something for which doctors can suggest no remedy but time.

曖昧さを排除するためのポイント
Point-1  accustomed ⇒ 本動詞なのか、過去分詞の後置修飾なのか。
過去分詞と判断するには
・その語が元々他動詞であるなら、後ろに目的語があるはず。したがって、本来他動詞であるべきはずの「~ed 」の後ろに目的語がなければ過去分詞であると判断する。
・後ろに受け身を表わすbyがあれば、それは過去分詞。

本動詞と判断するには
同じ節内に以下があれば、節内の本動詞にしかなりえない
・助動詞 + V[原形] / 助動詞 + have +Vpp[過去分詞]~
・be動詞
・一般動詞の現在時制

Point-2 when deprived of them
接続詞の後ろに主語+be動詞の省略があります。これを利用してwhenの後ろには省かれているものを補わなければなりません。deprive of  「 から を奪う」の語法が身についていれば、にあたるthey が主語になった受動態の文になっていることがわかる。

Point-3 but
前置詞のbutは、前にno, any, all, every等があると「~以外に」という特殊な意味になる。

〈全訳〉「麻薬に慣れた患者がそれを取り上げられた際に経験する不快感の類は、時間以外にいかなる治療法も医師は提示することができないのだ」

【PART 2 読解】
① <全訳>
スローフードとは,食物を育てたり,生産したり,食事の準備をする際の伝統的方法を維持し,支援することに奉仕する運動である。この運動は,1986年に始まり,初期には料理とワインに重点が置かれた。イタリアにおけるワインとか,レストラン、食料品店の最良の案内と考えられるものなども生み出している。しかし、1990年代中ごろに,スローフードは,食べ物に関して新しい政治的局面を発展させた。「私たちは,環境保護主義がパンダやトラにばかり払ってきた注意を,栽培植物や家畜へも広げたいと思っている」と,この運動の創始者であるカルロ・ペトリニは述べている。「百年前,人々は,百から百二十種類の食物を食べていた。現在,私たちの食事はせいぜい十あるいは十二種類で構成されている(にすぎない)」

② <全訳>
映画やテレビ番組を通じて,典型的なアメリカの英雄像を西洋人は作り上げる。1960 年代まではラジオやテレビ,映画中のほぼ全ての男性の英雄たちは共通して物理的な力を通して自らの力を誇示できる能力を有していた。英雄たちは皆優秀な格闘家や銃撃手,またはその両方であった。1960 年代後半から1970年代前半にかけて機知と知性を使うタイプの英雄が現れ始めたが,古典的な筋肉質な英雄は未だにアメリカの娯楽業界を席巻しているのだ

▶印刷したい方はこちらのPDFファイルをお使いください。
「最強英語学習法」 解答

高校1年生対象 「高校別定期試験対策講座」のご案内

高1生の皆さん!
高校生活はいかがでしょうか?部活動も本格的にスタートして、勉強との両立の大変さを実感しているかもしれません。また、今月末には多くの高校で第1回目の定期試験がやってきます。
高校の定期試験は中学とは違い、国数英理社の5科目がさらに細分化され、英語は「コミュニケーション英語」と「英語表現」などに分かれてしまいます。また、試験範囲のページ数も、中学校の定期試験よりも増えるため、中学の時と同じ勉強法をしていたら、高校の定期試験ではいい点数が取れません。

高校の定期試験を攻略するために…
①試験2週間前から勉強スケジュールをたてましょう!
②まずは授業で使ったノート・問題集・プリント・小テストなどの整理から!
③忙しいあなたこそ「スキマ時間」を活用しよう!
→トイレやお風呂の時間、寝る前のちょっとした5分間、通学の電車やバスの中、授業の合間の休み時間…
1日の中にはちょっとした「スキマ時間」がたくさんあります。この5分間にスマホをいじるのか?単語帳を見るのか?このちょっとした積み重ねの差が、3年後の大学受験のときに大きな差となって現れてきます。
ぜひみなさんはスキマ時間活用の達人になってください!

各高校別定期試験対策の日程
=======================
●甲府西高校

6月4日(日)9:00~12:00 @北口本部教室

●甲府東高校
5月21日(日)9;00~15:00 @東本部教室

●甲府第一高校
5月28日(日)9:00~16:00 @北教室

●甲府南高校
5月21日(日)10:00~17:00 @城南教室

●甲府昭和高校
5月28日(日)10:00~17:00 @昭和教室

●巨摩高校
5月19日(金)19:05~22:00 @小笠原教室

●市川高校
5月22日(月)19:30~21:00 @市川教室
5月26日(金)19:30~21:00 @市川教室

●韮崎高校
5月28日(日)10:00~17:00 @韮崎本部教室

●日川高校
5月28日(日)10:00~17:00 @山梨本部教室

●吉田高校
5月28日(日)13:00~22:00 @富士吉田本部教室

●都留高校
5月28日(日)10:00~18:00 @大月教室

各教室の住所、ご連絡先は甲斐ゼミナールホームページをご覧ください。
http://www.kai-semi.com/

=======================

持ち物:筆記用具、学校で使用している教科書や問題集
受講料:無料
*甲斐ゼミ生でなくても参加することができます。ぜひテスト勉強をしに、いらっしゃってください!
お申し込み・お問い合わせ:甲斐ゼミナール事務センター(055-251-5560)まで

 

6/11はアイメッセへ!

ゴールデンウィークも明けて暑い日が続いています。
高校生のみなさん、ゴールデンウィークはいかがでしたか?
ほぼ毎日部活だったよ...なんて人もいると思いますが、連休が明けると第1回目の定期テストがやってきます。5月病なんて言ってる場合じゃないのです!
定期テストに向けた勉強を、早め早めにスタートしてくださいね。

それと今日は、6月11日(日)に行われる「大学進学セミナー」のお知らせを!
甲斐ゼミではアイメッセ山梨をお借りして、大学受験の仕組みをお伝えする講座や、夏休みを効果的に活用する学習法についてお伝えする講座など、”大学受験”を皆さんに意識してもらうための講座を開講します。
講座以外にも、有名大学90校以上による大学説明を個別に受けることができる個別相談コーナーもございます。「この学部ってどんなことを研究するんですか?」「この学部からどんなところに就職する人が多いんですか?」など、進路決定の足がかりになるように疑問やわからないことを聞いてみてください。
希望進路を悩んでいる人ほど、いろんな人の話を聞くことが大切です。

▶UTY大学進学セミナー 詳細・お申し込みはこちら!
http://www.kai-semi.com/events/2017_uty_shingaku/2017_0611_daigaku.htm

4/25 ゴールデンウィークのご連絡

新学期がスタートして、あと少しで1か月になります。
「桜や桃の花がきれいだなー。」「最近暖かくなってきたな―。」なんて思っていたら、ここ最近は暑い日が続いています。
寒暖差で体調を崩さないように、皆さんもお気をつけくださいね。

さて、甲斐ゼミナールでは今週の土曜日からGW休みに入ります。
4月29日(土)~5月5日(金)の1週間、甲斐ゼミナールの教室は閉館しています。
自習室や東進の利用もできませんので、ご注意ください。

総体も目前に迫っていますので、部活動で忙しいGWを過ごす人も多いと思いますが、学校の授業が一旦ストップするこのGW休みが、これまでの授業でわからなかったところを復習するチャンスです。
課題や小テストの勉強で全然時間がない!という人も、このGWをうまく活用して苦手だったところに取り組んでみてください。

休みが明けると、第一回目の定期試験もやってきます。
勉強は量も大切ですが、質ももっと大切です。部活動で時間がない人ほど、質の高い勉強ができるように意識してみてください。
自分が集中できる時間はいつ?場所はどこ?など、自分のモチベーションを高めるための工夫を、ぜひ考えてみてください。

▶甲斐ゼミナール
http://www.kai-semi.com/
▶甲斐ゼミで英検を受けよう!
http://www.kai-semi.com/events/2017_eiken_1/eiken.htm
▶無料体験授業受付中!
http://www.kai-semi.com/main/form/taiken.htm

4/18 新年度がスタートしました

高2・3年生は学年が1つ上がり、高1年生は大きく環境が変わったと思います。
新しい環境には慣れましたか?
先日とある高校では、新入生恒例の「応援練習」が行われたようで、筋肉痛になりながら必死に校歌の歌詞を覚えていました。

自分で選んで、必死に勉強して合格を勝ち取った。
そんな誇りと自信を持って、これからの3年間を充実したものにして欲しいなと思っています。

春は新たなスタートの季節。
気持ちも新たに、日頃の学校生活や学習を見直してみてくださいね。

2017.02.12 「親子で考える大学受験」を開催しました!

2/12(日) 山梨大学工学部A-2号館にて、「親子で考える大学受験」というテーマで大学進学説明会を開催させていただきました。

天候にも恵まれ、高校1・2年生を中心に約300名の方々にご参加して頂きました。

2月3月は、特に高校2年生の皆様にとっては受験学年の0学期であり、実際に受験に向けて本格的なスタートをきっていくとても大切な時期です。
今回の説明会では、
①多様化している大学入試制度を理解する。
②志望している学部に合格するために、何点くらい取らなければならないのか?を知る。
③これから限られた時間の中で、何をどのように勉強すればいいのか?を考える。
の3部構成で、ご説明をさせていただきました。

ぜひこの説明会で得たものを、自分の日常に活かしてください。

大学進学説明会「親子で考える大学入試」を開催します!

2017年もあっという間に一ヶ月が過ぎ、いよいよ私立大学の入試が本格的にスタートしてきました。
この時期は、特に現高2生の皆様にとっては受験学年における0学期と考えられ、1年後に迫った大学入試に向けて計画を実行に移す大事な時期となります。ただ、受験勉強といっても、どのような勉強をすればいいのか?自分の学力が今どのレベルにあるのか?など、新たな不安が出てくる時期でもあります。

そこで甲斐ゼミナールでは、第1志望校合格のために、今ご家族で考えていただきたいことを皆様にお伝えするために、「親子で考える大学受験」と題しまして進学説明会を開催致します。

一昨年の進学説明会の様子です。


★ 「親子で考える大学受験」要項 ★
詳細はこちら

【日時】
平成29年2月12日(日) 10:00~12:00 (開場9:30)

【場所】
山梨大学 工学部キャンパス A-2号館21 
(山梨県甲府市武田4-3-11)
▶交通アクセス
http://www.yamanashi.ac.jp/access-map
▶キャンパスマップ
http://www.yamanashi.ac.jp/campusmap
山梨大学のホームページにとびます。
※会場内には駐車スペースがございません。公共の交通機関等をご利用ください。

【持ち物】
筆記用具

【参加費】
無料

【内容】
大学入試の周辺状況 10:00~10:40
AO入試、推薦入試、センター試験、一般入試などの入試制度の詳しい説明と、全国模試の活用法をお話しします。入試の仕組みを正しく理解することが、合格への第一歩です。

学部系統別合格ラインと現在の学力との比較 10:40~11:20
最新のセンター試験の結果を元に、大学の学部別合格ラインを発表します。
高2の生徒の皆さんは最新のセンター試験を実際に解いて、自己採点をしてきてください。高1の生徒の皆さんも英語・数ⅠA・国語を解き、センター試験を体感してくることをお勧めします。

現役生がすべき効果的な学習法 11:20~12:00
第1志望合格を勝ち取るためには、高校3年間の限られた時間の中でより効果的な学習をすることが必須です。今から始めておくべきこと、今から取り組めることを科目別にアドバイスしていきます。

【参加申し込み・お問い合わせ】
「親子で考える大学受験」への参加申し込みは、下記電話番号にご連絡お願いします。
甲斐ゼミナール事務センター 055-251-5560

定員になり次第、受付を終了致しますので、お早めにお申し込みください。