若手もイキイキ活躍できる職場です




思ってもいなかった講師職。とってもやりがいを感じます。


教材部 英語課
榎本 秋奈(20歳代)
【出身】都留文科大学 文学部 英文学科

【入社のきっかけ】
就職先を探していたとき、インターネットでアドバイザー(事務職)募集の記事を見て応募したのがきっかけです。面接で講師職に向いていると勧められ、講師職として採用していただきました。

【やりがい】
生徒達に「わかりやすい」や「来年度の担当も先生がいい」と言ってもらえたときに特にやりがいを感じます。学校ではわからなかったことが、今教えてもらって納得したという声が聞けると、教え方を練った甲斐があるなぁと思います。

【入社してよかったこと】
定期的に食事会や研修旅行があることです。ふだん話す機会のあまりない人たちとも交流でき刺激になります。先輩方がとても親切で、困ったときも何でも相談に乗ってくれたりと助けてもらっています。

【感動したこと】
絵が好きな生徒がいて、その子が自分をモデルに絵を描いてくれ、学園祭で掲示されたことです。自分を題材にしたいと言ってくれたことにも驚きましたが、その絵がクラスで賞に選ばれたので見に来てほしいと言われ実際に見き、ありがたくもありすごく感動しました。

【就活生へのメッセージ】
日々大変だと思いますが、何がきっかけになるかわからないので、一社一社大切に就職活動頑張ってください。




興味のあった教育の仕事。生徒の目線で一緒に成長


教材部 社会科
入倉 陽子(20歳代)
【出身】都留文科大学 文学部 社会学科

【入社のきっかけ】
教員を目指していたこともあり、教育の仕事に興味をもっていました。また、大学のときからアルバイトで塾講師の仕事をしていたので、塾講師の生活リズムや大変な部分も他の職業に比べて受け入れやすいと考えました。
自分のためになる仕事をしたいと思い、山梨県内最大規模の甲斐ゼミナールでなら、自分自身も教材研究などを通し、成長していけると思い、入社しました。

【入社してよかったこと】
会社の雰囲気がとても良いと感じます。様々な個性をもった同僚がいるので、その中で刺激を感じながら楽しく仕事ができています。年齢の近い先生も多く、話や相談がしやすいので、悩みを1人で抱え込まずに済んでいます。教科の話や生徒の話になると本当に多様な考えが聞けるので、自分の考えも少しずつ深まっています。また、親切に教えてくれる先生が多く、自分にできる仕事も増えてきています。

【やりがいを感じること】
県内各地の小中学校の様子や生徒の雰囲気も教室ごとに違いがあり楽しいです。一方で、教室やクラスの様子により授業の内容や説明の仕方が少し変わってくるところが難しいです。 定期テスト前などは本当に忙しいですが、一番やりがいを感じます。生徒が自ら勉強を頑張りたいと言ってきたり、質問をしてきたりすると、疲れていても不思議と全力を尽くしている自分がいます。高得点をとったり、成績が上がったりすると、「自分の教え方は正解かどうかは分からないけれど、間違ってはいない」と少し安心すると同時にやはり嬉しいと感じます。

【苦労していること】
社会科の知識が少なく、説明できるのか不安でしたが、これは子どもたちと同じ目線に立てているということだと前向きに考え、準備の段階で分からない部分を理由や背景も含め徹底的に先輩に聞くようにしました。自分の疑問点と同じ質問がくると、しっかりと答えられるので、自信につながっていきました。

【研修制度について】
研修期間に、板書案を一緒に考えていただいたことは大きかったと思います。また、研修の中で板書のスタイルが確立できたため、その後の単元も比較的考えやすくなりました。

【就活生へのメッセージ】
教えた経験がなくても、定期的に個別研修があるので、進め方やポイントなどを聞きながら日々の授業を改善することができます。ぜひとも甲斐ゼミナールで自分の力を発揮してください。




世話になった場所。味わった“わかる喜び”をたくさんの生徒に。


教材部 数学科
中込 大貴(20歳代)
【出身】 東京電機大学 理工学部 知能機械工学科 卒

【入社のきっかけ】
私はもともと子どもとふれあうことが好きで,今まで学んできたことが少しでも役に立てればいいなと思ったからです。自分自身が 数学や理科の勉強で苦労した経験が、子どもたちにわかりやすく伝えることにつながっています。

【入社してよかったこと】
先輩の社員が優しいです。同僚が皆、「先生」と呼ばれる人です。ですから自然と「わかりやすく教えてくれる」先輩しか会社にいないということを入社して実感しました。疑問点があれば先輩に相談してすぐに解決できることが強みです。 仕事以外にも、社内の食事会や運動会、社員旅行などがあります。就業年数に関係なく、自分の仕事の評価をきちんとしてくれます。

【やりがいを感じること】
子供たちの成績が上がると素直に嬉しいです。私が手伝えるのはほんのわずかなことだけですが、それでも自分の教えたことが役に立ったと思うと、その生徒を卒業するまでしっかり面倒をみたいと思います。

【メッセージ 】
甲斐ゼミナールは、とても楽しい職場です。一緒に夢を作り仕事をしませんか?就職活動がんばってください。




世話になった場所。味わった“わかる喜び”をたくさんの生徒に。


個別指導課
小宮山 宗(20歳代)
【出身】 山梨大学大学院 医学工学総合教育部 卒

【入社のきっかけ】
私は、大学・大学院在籍中に6年間、甲斐ゼミナールの個別指導講師としてして勤務(アルバイト)させていただきました。 その中で、子どもたちを指導し、成長させていくことに喜びを覚え、卒業後も一生この道で生きていきたいと考え入社を希望しました。

【入社してよかったこと 】
まず、年々、自己に成長を感じられることです。
研修も手厚く、定期的に行われるので、一年経つごとに 「去年より良い指導ができているな」という実感を持つことができてます。 また、夕方までに行う業務として、大学時代にも携わっている個別指導部門の運営をさせていただいていますが、部署の先輩方は非常に暖かく迎え入れてくださり、日々、楽しく・活力を持って業務に当たる事ができています。

【やりがい】
子どもたちに「わかった、なるほど!」という感動を与えらることです。 授業中の反応で、自分から見ていてもいい反応をしてくれるときは嬉しく思いますし、ときには生徒から直接、あるいは他の先生から間接的に「小宮山先生の授業は楽しくてわかりやすい」「来年度も小宮山先生に教わりたい」と言うような声を聞くときは、本当にやっていてよかったと思えます。

【感動したこと】
一番の感動は、もちろん合格発表です。 合格を勝ち取った生徒からのダイレクトな感情を受け、思わずこちらの心も震えてきます。
また、担当する生徒の学園祭に足を運ぶこともあります。普段は勉強をする姿しか見えないものですが、そこでは、合唱や演劇、司会・運営など普段と違った姿で活躍する子どもたちの姿を見ることができ、わが子のことのように感動してします。

【就活をしている学生へのメッセージ】
当社では他社では得難い「やりがい」「感動」を味わうことができると思います。 「子供が好きだ」「教えるのが好きだ」「人とコミュニケーションをすることが好きだ」という方にはとてもおすすめできる職場です!
「教育学部ではないし、不安だ…」という方は、まずは個別指導TOPでの勤務を経験してみるのもおすすめです。実際の現場の様子を肌で感じることができますよ。