附属中合格の
5人中4人が
作文教室を受講!

2021年 山梨大学附属中の甲斐ゼミからの合格者49名中40名が作文教室を受けていました。
ステップアップ学習

作文の書き方指導&添削指導

STEP1


要点の確認

作文のポイントを先生がていねいに説明します。テキストには分かりやすい“まとめ”と“練習問題”があります。ひとつずつ力をつけていきましょう。

STEP2


問題の演習

次は問題にチャレンジしよう。大切なのは「自分で考えて表現すること」。一つひとつの課題に真面目に考え、思い切って書こう。

STEP3


作文タイム

授業の最後には、実際に作文を書く時間があります。その日に教わったことを活かしてチャレンジしよう。書きあがった作文を提出して授業は終了です。

STEP4


添削と清書

次の作文教室で、赤ペンでチェックされた作文が返却されるます。これを「添削」と言います。家に帰ってアドバイスをもとに文章を書き直そう。

要項<2021年度>
■レベル
ベーシックコース(4年生・5年生)  パワーアップ(6年生)
■教 室
教室 ベーシック パワーアップ
A
日 程
竜王駅前 08:50~10:20 10:30~12:00
韮崎 10:30~12:00
山梨 10:30~12:00
北口本部 18:40~20:10

教室 ベーシック パワーアップ
B

北口本部 08:50~10:20 10:30~12:00
18:40~20:10
■日 程
  第1回 第2回 第3回 第4回 第5回
A


4月17日(土) 5月8日(土) 5月29日(土) 6月19日(土) 7月10日(土)

9月4日(土) 9月25日(土) 10月16日(土) 11月6日(土) 11月27日(土)
B


4月24日(土) 5月15日(土) 6月5日(土) 6月26日(土) 7月17日(土)

9月11日(土) 10月2日(土) 10月23日(土) 11月13日(土) 12月4日(土)
■振替
欠席分は別日程で振替が可能。 例)A日程を欠席→B日程を受講
なお、振替ができない場合でも、作文を書いて提出してください。添削して返却いたしますので、ご安心ください。
■持物
筆記用具・国語辞典・読書感想文用の本(前期5回目の授業で使用)
なお、振替ができない場合でも、作文を書いて提出してください。添削して返却いたしますので、ご安心ください。



カリキュラム

原稿用紙の使い方から記事文の書き方まで、
全20回のカリキュラムで完成させます。

ベーシック
コース 作文のテーマ 学習の内容

1 生活文(1) 文末表現の統一 主語述語の呼応
2 生活文(2) 組み立てを考える 原稿用紙の使い方(1)
3 日記文 様子を表す言葉 気持ちを表す言葉
4 記録文 メモの取り方 段落に分ける
5 読書感想文 引用の方法 体験と感動を入れて書く

1 自己紹介の文 特徴を捉える 例をあげる
2 説明文 定義する文章を作る 文章を並びかえる
3 意見文 立場をはっきりさせる 事実と意見
4 報告文 文章を見直す 箇条書きにする
5 物語文 起承転結の構成 情景描写と会話文

パワーアップ
コース 作文のテーマ 学習の内容

1 生活文(1) 原稿用紙の使い方(2) 描写と会話文
2 生活文(2) 文を要約する 文をくわしくする
3 説明文 段落の並べ方 接続語の役割
4 リズムを大切に 比喩表現を生かす
5 読書感想文 あらすじを入れて書く 引用して書く

1 報告文 メモを取る 図表やグラフを使って書く
2 紹介文 特徴・特色を書き表す 書き出しの工夫
3 意見文 立場をはっきりさせる 意見をまとめる
4 課題作文 主題の素材集め 文章構成の構想を練る
5 記事文 5W1Hを見つける 各段落の要点



受講料

体系的な指導のために通年受講(前期・後期)をお勧めします。

受講料

前期後期\35,200(税込)
前期or後期\17,600(税込)
受講生の作文紹介

この春、中学受験に合格した先輩たちの作文です。